2006年度 時限研究会のご案内

 

感覚・知覚・運動生成の潜在的インタラクション
- プレディクション・ポストディクションの視点から -

Implicit interaction among sensory, perceptual, and motor processes
- From the viewpoint of prediction and postdiction -
主催:日本神経回路学会
共催:文部科学省特定領域研究「統合脳」, ERATO下條プロジェクト, NTTコミュニケーション科学基礎研究所
研究会趣旨: 外界からの情報を感覚器官から得て,それを知覚し,運動を生成するという一連の情報処理は一方向に働くばかりではなく,知ら ず知 らずのうちに互いに影響を与えあっています.このような複数モダリティにおける情報処理のインタラクションにおいては,プレ ディクションやポストディクション(予測や回顧による推定)と呼ばれる計算メカニズムが重要な役割を担っていると考えられます.
本研究会は,このような感覚・知覚・運動生成の潜在的インタラクションや,プレディクション・ポストディクションの役割とメカニ ズムについて第一線で活躍する研究者をお呼びして最新の研究成果について議論することを目的として企画いたしました.
会 期:2006年8月30日(水)-31日(木)
場 所:NTT厚木研究センター(厚木市森の里若宮3-1)
   小田急線本厚木駅または愛甲石田駅より,神奈川中央交通バスでおよそ20分
(通信研究所前で下車)
言 語:英語

研究会プログラム(詳細はwebをご覧ください)
8/30(Wed)
Chris Miall
(Univ. Birmingham)
Behavioural and TMS studies of forward models in visually guided actions.
Akira Murata (Kinki Univ.) Bodily self and others representation in the parietal cortex.
Shin'ya Nishida
(NTT Communication Sci. Labs.)
Implicit and explicit encoding of time in visual processing.
Eiichi Naito
(Kobe Advanced ICT Res. Center)
Neuronal correlates of the simulation, execution and perception of limb movements.
Shinsuke Shimojo
(California Inst. Tech.)
Backward and postdictive phenomena in perception and action.
8/31(Thu)
Patrick Haggard (Univ College London) The experience of action: Prediction, sensation or invention?
Makio Kashino
(NTT Communication Sci. Labs.)
Prediction and postdiction in auditory processing.
Kiyoshi Kurata (Hirosaki Univ.) From visual to motor space in the ventral premotor cortex.
Hiroaki Gomi
(NTT Communication Sci. Labs.)
Implicit visuomotor process and its effect on perception.
Lab-tour of NTT Communication Sci. Labs., Sensorimotor group  
 
参加方法: 聴講参加ご希望の方は下記アドレスまでお問い合わせください.
(会場の都合により,20名程度.参加費は無料.定員に達ししだい締め切らせていただきます.)
E-mail:implicitconf@idea.brl.ntt.co.jp
プログラムなど,多少変更がある可能性がございますが,最新情報はwebにて御確認ください.
  http://www.brl.ntt.co.jp/people/gomi/implicitconf/index.html
世話人代表:五味裕章(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)

時限研究会に戻る