ロゴ
日本神経回路学会  
時限研究会 
2014年2月6日更新

応募要領
Word▼PDF▼

計画提案書
Word▼PDF▼

実施報告書
Word▼PDF▼

時限研究会 2010年度 採択結果
下記の研究会を2010年度時限研究会として採択しました.
「神経科学・リハビリテーション・ロボット工学のシナジー効果に関する研究会」
 略称:ニューロ・リハ・ロボ研究会 (NRR研究会)
 世話人:坂本一寛先生(東北大学)

実施報告▼(日本神経回路学会誌 Vol. 17, No. 4 (2010), 197-199掲載)

時限研究会 2010年度公募
日本神経回路学会では,2010年度は3件程度の時限研究会を公募します.
皆様からの積極的なご応募をお待ちしております.

■対象2010年1月〜12月までに実施する研究会3件程度
■金額各30万円以内
■締切2009年12月25日(金) 必着 締切ました
■応募先左の計画提案書に必要事項を記入の上,e-mailにて

まで送付してください.
■問合先
■備考計画提案書,実施報告書など必要な書類は,
内容が同じであれば,Texなどで自作していただいて構いません.

日本神経回路学会では,毎年,時限研究会を公募しています.
優秀な研究会には資金の支援をしています.

最近の支援結果
■2009年度の採択結果 3件
■2008年度の採択結果 2件
■2007年度の採択結果 4件
■2006年度の採択結果 3件

日本神経回路学会時限研究会担当理事
原一之(東京都立高専),山内康一郎(中部大学)

日本神経回路学会企画理事
栗田多喜夫(産総研),萩原将文(慶応義塾大学),
中内茂樹(豊橋科学技術大学),村瀬一之(福井大学)

ホームに戻る▼