【選奨委員会規程】


1992年12月12日制定(1993/7/21)(1995/6/14)(1995/10/19)(1998/1/14)(2005/4/28)(2006/8/10)

総則
第1条 本会会則第3条に基づく本学会の目的及び学術に関し業績ある者の表彰または奨励(以下選奨と略称する)は,この規程により行う.
第2条 選奨の種類は,つぎのとおりとする.
  イ 論文賞
  ロ 研究賞
  ハ 奨励賞
第3条 前条の各選奨の候補者を調査選定するため,本会に選奨委員会を設ける.ただし,調査選定の方法については別紙様式5−1に定める。
第4条 各選奨の受賞者は,前条の委員会の報告に基づき,理事会の議決により決定する.
第5条 各選奨の賞状等は,通常総会その他適当な機会において贈呈する.
第6条 前条の贈呈を行なったときは,受賞者の氏名,業績の内容等をなるべく直後 に発行する神経回路学会誌に発表する.

論文賞
第7条 論文賞は,すべての査読つき論文誌に発表された論文のうち特に優秀なもの を選び,その著者に贈呈する.
     ただし,論文賞のうち少なくとも1編は,日本神経回路学会論文誌または''Neural Networks''に採録された論文から選ぶものとする.
第8条 選定の対象となる論文は表彰の時期の前年の12月までの1年間に発表されたも のであり,かつ著者のうち少なくとも1名が本学会員であることを要する.
第9条 表彰する論文は1年ごとに2編以内とする.ただし,理事会が必要と認めた場 合は,上の定数を越えて選定し,贈呈することができる.
第10条 表彰する論文が共著の場合は,学会員である著者を表彰する.
第11条 論文賞は,同一者に重ねて授賞しても差支えない.
第12条 論文賞は,賞状,賞金および記念品とする.
      2.賞金は,論文1編につき50,000 円とする.

研究賞
第13条 研究賞は,日本神経回路学会全国大会および電子情報通信学会ニューロコン ピューティング研究会に発表された論文のうち,特に優秀なものを選び,その著者に 贈呈する.
第14条 表彰する論文は,原則として毎年3編程度とする.
第15条 選定の対象となる論文は表彰の時期の前年の12月までの1年間に発表された ものであり,かつ著者のうち少なくとも1名が本学会員であることを要する.
第16条 表彰する論文が共著の場合は,学会員である著者を表彰する.
第17条 原則として同一者は,重ねて研究賞を受賞できない.
第18条 研究賞は,賞状および賞金とする.
      2.賞金は,1件につき30,000 円とする.

奨励賞
第19条 奨励賞は,神経情報科学に関連する学問,技術の奨励のため,有為と認めら れる新進の科学者または技術者に贈呈する.
第20条 この奨励賞を受ける者は,全国大会において優秀な論文を発表した者で,次 の各号に該当する者から選定する.
  1) 選定の時期において本会会員であること(選定の時期とは,第1回の選奨委員会開催時とする)
  2) 講演の時期において35才以下であること
  3) 大会参加申し込みの際講演者として登録かつ講演を行なった者であること
  4) 本奨励賞を受けたことのないものであること
第21条 全国大会のシンポジウムおよびポスターセッションにおける発表論文は講演 論文と同等とみなす.
第22条 奨励賞は,毎年約5名を選定し,贈呈する.
第23条 奨励賞は,賞状および賞金とする.
      2. 賞金は,1名につき20,000円とする.


付   則

この規程は平成15年1月1日から施行する.